初めての購入!犬を選ぶ時に知っておきたいこと

実際に触れてみるのが大切です

犬を飼いたいと考えた場合、たいていの人はペットショップに行くことになります。ブリーダーなどと違って予約をする必要がないですから、気軽に利用できます。そしてゲージに入れられている犬を見て、かわいいからと衝動買いをしてしまう人もいるのかもしれません。ただその前に、実際に触らせてもらうのが良いでしょう。そのことによってわかることも多いのです。

まず、犬の体を優しく撫でてみて、全体的に肉付きが良いかどうかを確かめます。いろんなところを触れた時に、痛がるような仕草がないかも確認しておきましょう。

観察しておきたいポイント

鼻が濡れているのかも見ておく必要があります。乾いている場合はもちろんですし、ひび割れているなら何かしらの病気を発症している可能性があるので、店員さんに伝えておくと良いです。それから床に立たせてみて、足がまっすぐになっている、歩く際に引きずっていないというのも重要です。

健康な犬かどうかを判断するためには、目の周りの確認も見逃してはいけないポイントです。生まれつき白内障を患っている犬もいるからです。具体的には、白く濁っていないか、異常に目やにが出てないかのチェックをします。できれば口の中も見ておきたいですが、慣れていないと難しいです。そこで店員さんにお願いして、犬の口を開けてもらうのが無難です。歯茎がピンク色で口臭が少ないなら、ひとまず歯周病ではないと考えて差し支えがないです。他にも毛に艶があれば良いですし、たくさん餌を食べているのかも聞いておきたいです。

子犬販売なら東京都がお勧めです。自宅近くであれば、購入後の予防接種や餌に関する相談も気軽にできます。