定期健診はいつ受ける?内容は?犬を飼っている場合

定期健診を受けるタイミング

どの家庭でもペットを飼っていると、動物病院のお世話になることがあるでしょう。ですが、ペット自体が健康であれば特に必要がないかというとそうでもありません。今回は犬のケースを見ていきます。まず犬を飼っている人には法的に義務付けられているものがあります。それは狂犬病の予防接種をさせることです。病院以外でも自治体で接種させる機会を設けているところもありますが、動物病院で行った方が何かと安心です。狂犬病の予防接種は義務ですが、それ以外にもフィラリア予防・混合ワクチン・ノミやダミの予防接種もあり、こちらもなるべく受けさせてあげた方が犬のためにも家族のためにもなります。予防接種は毎年時期がある程度決まっていますので、予防接種を受けた時に定期健診をいつ行うかも決めておくとタイミングを計りやすいでしょう。一年に一度は受けておきたいところです。

定期健診では何がわかる?デンタルケアは?

犬の定期健診では血液検査を行います。人間と同じように血液検査からおおよその犬の健康状態が分かるので、大きく異常な数値が出ていた場合は再検査となります。また定期健診では血液検査といった体内面以外にも、少し足の調子が悪そう、目の調子が悪いかも、といったものがあれば同時に診察をしてもらえます。こちらも異常が見られた場合は治療を行う事となります。犬の食事に関わる歯についても見てもらえます。その際い飼い主自身での手入れが良い場合は特に何も行いません。ですが獣医師が気になるほど手入れが少し悪い場合、また飼い主の要望に応じてデンタルケアを受けることが出来ます。動物病院でのデンタルケアは素人が行うより的確で綺麗になります。

市川市は首都圏のベッドタウンとして発展しており、道路網や鉄道路線もしっかりと整備されています。そのため、市川の動物病院は通いやすい病院が多くあります。