どうすればキレイになる?メガネの正しいお手入れ方法とは

最初に水で洗うのが大事

メガネには小さなほこりなど、目に見えない汚れが意外とついてしまうんです。最初からメガネ拭きを使うと、ほこりでメガネの表面に傷がついてしまう恐れもあるので注意して下さい。メガネに傷をつけないためにも、最初に水で表面についているほこりなどを洗い流すようにしましょう。

メガネ用の洗剤を使って洗う

油汚れなどの水洗いで落ちない汚れには、メガネ用の洗剤を使うのが最適ですよ。レンズの上に少し垂らして、軽く洗うだけで汚れもしっかり落ちるんです。洗剤の成分も中性なので、レンズを傷めてしまう心配もありません。洗い終わったらティッシュなどで水分を吸い取り、メガネ拭きで水気が残らないように拭き上げていきましょう。

鼻あて部分も忘れずに洗う

メガネの鼻あて部分も、汚れがたまりやすい場所なので忘れずに洗って下さい。レンズと同じように、メガネ用の洗剤を使うと汚れも落ちやすいですね。使い古しの歯ブラシといった、柔らかめのブラシで優しく磨いていくのがポイントです。力を入れる必要はなく、ブラシを細かく動かしていくだけで汚れはちゃんと落ちていきますよ。

メガネ屋さんで洗ってもらう

メガネの曇りが気になってきたら、メガネ屋さんで洗ってもらうのも一つの方法なんです。メガネ屋さんには超音波洗浄機があり、手では洗えない部分もきれいに洗浄してもらえるんですよ。

メガネを購入したお店ならほとんどの場合、無料で利用できるのも嬉しいところですね。メンテナンスを一緒にしてもらうことで、メガネもより長持ちさせられるでしょう。

メガネの通販では、実店舗には取扱っていないデザインや色のフレーム、レンズが選べるなどのメリットがあります。