壁面緑化とは建物を外からも中からもケアすること!

壁面緑化とは何か?その目的は?

壁面緑化とは、建物の壁をヘデラ、つるなどの植物で覆うことを指しています。壁面緑化は、屋上緑化と共にヒートアイランド抑対策として位置づけられています。壁面緑化を取ることによって壁の表面温度が下がり熱の照り返しを防いだりしながら、冷房への負荷を減らすことが目的です。

壁面緑化は人の目にも留まりやすいということから、緑を見ることで人に心地よさや快適さ与える効果があります。近年では、職場や家庭においてもグリーンカーテンという形で植物を取り入れていたりしている方も増えてきているようです。

建物の保護することは宣伝や集客に通じる!

実は壁面緑化には、「建物の保護」という目的もあります。これは緑で建物の壁面を覆うことによって、夏などの急な温度変化で起こる膨張や圧縮によるひび割れを防いだり、紫外線のカットすることでも建物保護の効果がありからです。

その他にも壁に広がる緑によって人々に安らぎを与えることだけではなく、壁面緑化による宣伝効果や集客効果も期待ができます。

壁面緑化には主に3つの種類があるのですが、「登はん型」は壁に補助材を付けてつる植物を伸ばしていく方法で「下垂型」は、壁面の上部からプランターを使って下に向かって植物を垂らすような形で繁殖させる方法です。「基盤造成型」にはこの2つのやり方がミックスしており、壁面にプランターを置いて登はんまたは下垂させていきます。登はん型や下垂型の設置は手軽ですが、基盤造成型は壁面にプランターなどを設置しなくてはならず、手間が掛かります。ただし緑化進むスピードが早く、凝ったデザインで壁面緑化をしていくことができるのが魅力といえるでしょう。

壁面緑化は、蔦科の植物を建物の壁面に這わせて緑化することをいいます。断熱効果が高まり、光熱費の節約に繋がるほかに二酸化炭素の吸収による温暖化の抑制などのメリットもあります。