オーバーホールで機械式時計を長く使おう!

機械式時計とオーバーホール

ゼンマイを動力とする機械式時計は、適切な使い方と手入れをすれば、長く使える時計です。そのためには、だいたい3年から5年に一度、専門業者にオーバーホールをしてもらうことが大切になります。

では、このオーバーホールでは、いったいどのようなことが行われているのでしょうか。

オーバーホールと潤滑油

オーバーホールの際に確認されているものの一つは、潤滑油です。機械式時計がスムーズに動作するためには、潤滑油が必要となりますが、これは時間が経つと劣化していきます。そのため、定期的に古い油を落とし、新しい油を注ぐ必要があるのです。

潤滑油が劣化して起きる現象としては、動作が重くなる、ということが挙げられます。これを放置した場合、針の進みが遅れるようになり、最終的にはゼンマイを巻いても止まってしまう、といった状態になってしまうので、そうなる前にオーバーホールに出しましょう。

オーバーホールと部品交換

オーバーホールで行われることのもう一つは、部品の交換です。時計が動いている限り、各部品の磨耗は避けられません。その他、金属疲労や外部からの衝撃による故障も発生します。そうした故障に対しては、流通している部品や、それがない場合は自作した部品に交換することで修理が可能です。

長い時間をお気に入りの時計と刻む

オーバーホールはお金も時間もかかります。持ち主としては手間がかかる、と感じても仕方のないことでしょう。しかし、そうして手間をかければ、長い間動いてくれる時計でもあります。購入して終わりではなく、手をかけて、お気に入りの時計と長い時間を刻んでみませんか。

ウブロはスイスの高級時計メーカーで、「異なる素材やアイデアの融合」をコンセプトとした商品を販売しています。